バナー
TOP > 自動車のガラスコーティングは長持ちするのか

自動車のガラスコーティングは長持ちするのか

自動車のガラスコーティングは光沢を維持し洗車を楽にするということで最近では多くの人が行っているものです。


特に新車で購入する場合には多くの人が納車時にディーラーに依頼し行っているといわれており、自動車にガラスコーティングを行うのは現代では非常に一般的なことになっています。

しかしその効果はどの位長持ちするのかは、そのコーティングの方法やコーティング剤により大きく異なるので注意が必要です。

一般的にディーラーなどが納車時に行ってくれるガラスコーティングはもっとも長持ちするといわれており、その素材はガラス製のものを使用しているので、非常に強固です。

千葉のカーフィルムについての総合情報ポータルサイトです。

また、業者がコーティングを行う場合にはボディの洗浄や難しいと言われている鉄粉の除去までしっかりと行ってくれるので、コーティング剤のボディへの馴染みが良く長期間効果が持続するようになっています。



最近では自宅でも作業がしやすいコーティング剤が販売されていますが、これらのものはシリコン素材やウレタン素材のものが多いため、作業がしやすい代わりに耐久性は業者が行うものに比べ弱くなっています。
さらに、自分で作業を行う為ボディの汚れや油分などを完全に落としきれないことも多く、これが耐久性を下げる原因となっています。

その為、自分で行う場合には効果は数か月程度と割り切り、時期が来たら作業をし直す必要があります。



自動車のガラスコーティングは、その特性と価格、作業のしやすさとの兼ね合いで自分の条件に最適なものを選ぶことが大切です。